家賃交渉成功のために|デザイナーズマンションの賃貸不動産を探してみよう

デザイナーズマンションの賃貸不動産を探してみよう

男性

家賃交渉成功のために

模型

家賃交渉を成功させよう

横浜や大きな都市でお得に賃貸契約を結ぶ為には家賃交渉が大切です。 ただ、家賃交渉が必ず通る訳ではありません。やはりオーナー側からすれば家賃は下げずに済ませたい気持ちがありますので、ホイホイ下げてくれる事は無いと言えます。また、下手に交渉をすると印象が悪化して入居審査に落ちてしまうリスクもあるのです。 上手く家賃交渉を行う為にはまず賃貸のマイナス点を見付けるようにしましょう。例えば気になる賃貸は相場よりも家賃が高い、設備の老朽化が目立つ、日当たりが悪い、線路が近くあまり環境が良くないなどが挙げられます。 このようなマイナス点が交渉材料になりますし、マイナス点を見付ける事で交渉がし易くなるのです。反対にマイナス点が無い賃貸は交渉が難しいと言えます。オーナーはもちろんですが、不動産仲介業者ともしっかり話し合いをしておくことが大切です。オーナーと不動産仲介業者が強く結びついている場合は交渉が難しくなることもあるのです。

家賃交渉で安くなる金額

もし、横浜やその付近に不動産を持つオーナーや不動産仲介業者と家賃交渉を行った際には、どの位の値引きが期待できるのか気になるものです。物件によって条件が異なりますので一概に言う事はできませんが、数千円から1万円程度の値引きが多いようです。ただ、1万円以上の値引きというのは難しく、多くの場合は数千円程度の値引き額に留まると言えます。 数千円程度の値引きですとお得感が無いと思われるかもしれませんが、年間で捉えると万単位の値引きになります。その為、数千円の値引きでも大収穫と言えるのではないでしょうか。 因みに家賃交渉が無理な場合でもフリーレントには対応してくれる事があります。フリーレントとは家賃が所定期間免除される事ですが、その間は無料で住めますので、値引きが厳しい場合はフリーレントの相談をオーナーや不動産仲介業者にしてみるのも良いでしょう。